CGI







理事長今日の一言

■2005年12月29日(木)  2005年を振返る「全国制覇」の巻
今年を振返るには、かなり大晦日に近づいた時期となりましたが、地元テニス界の話題を中心に、「今年の重大ニュース」を思い出して見ます。


まず、「全国制覇」の巻です。


第一には、高瀬礼美選手(荏原製作所〜プロ)の、全日本選手権女子ダブルス優勝が光ります。
県内でプレーを見ることがほとんど出来ないのが残念ですが、静岡市清水区出身の彼女は、今回岡本聖子選手(TEAM STAFF)とペアを組み、第一シードで登場、決勝戦は、61/60のスコアで、飯島・波形組(北日本物産・フリー)を破り、タイトルを手にしました。
ご本人も、このタイトルの獲得を重要な目標としていたようで、今年のシーズンは、印象に残る一年だったようです。


次は、伊藤絵美子選手(日大三島高校)の全国高校総体(インターハイ)女子シングル優勝。
彼女の話を聞くと、このタイトルは、高校に入学してクリアーしたい大きな目標としていたようです。ダブルスは地区大会からエントリーせずに、団体戦と個人戦、共にシングルに絞ってのチャレンジでした。県内選手としては、伊東千佐世選手(静岡市立高校〜当時)以来の、高校生チャンピヲンの座を手にしました。『世界』に照準を合わせている彼女にも、高校生の全日本タイトルは、ずいぶんと自信になったはずです。
現在、彼女は、昨冬同様、中南米のITFジュニアテニストーナメントを転戦しています。大きな目標(グランドスラム大会出場)に向け、健闘を期待しましょう。


次に、ここで地元の選手の話題となります!!!
原田恵美選手・松島美智留選手組(磐田市城山中学/ニューウインブルドンテニスクラブ)の、全国中学生テニス大会女子ダブルス優勝です。
彼女らは、昨年のこの大会では準優勝となり、今大会第一シードで登場。精神的なプレッシャーと、過酷な状況(暑さ/ライバルとの厳しい戦い)を克服してのタイトル獲得でした。・・・本当に、おめでとうございます。
共に来年4月からは、高校生となります。今後の、ますますの活躍を期待します。



過去ログ 2005年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 05月 06月 08月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 11月 
2008年02月 03月 05月 06月 07月 
2009年07月 08月 10月 
2010年01月 02月 06月