CGI







理事長今日の一言

■2007年02月02日(金)  2007年度事業予定〜第3/四半期
【10月】
6(土)小学生大会/亀崎8面、《軟中》市内新人戦/20面
   7(日)《軟中》市内新人戦/20面、《軟協》浜北スポーツ祭/明神池
  13(土)《軟中》市民スポーツ祭/20面
14(日)市民スポーツ祭混合/亀崎8面、《軟中》市民スポーツ祭/20面
  18(木)〜21(日)《軟協》全日本選手権/20面※
27(土)TBM団体/亀崎8面、強化プログラム/4面、《軟中》ヨネックス杯/16面
  28(日)《軟中》ヨネックス杯/16面

【11月】
   3(土)《軟協》市民スポーツ祭/16面、《軟協》浜北オープン/明神池
   4(日)《軟中》ヨネックス杯/16面
10(土)小学生大会/亀崎8面、《テ高》新人戦西部D/20面
11(日)TBMダブルス/亀崎8面、《テ高》新人戦西部D/20面、《軟協》浜北クラブ対抗/明神池
17(土)レベルアップシングルス/14面、強化プログラム/4面
18(日)しずおかスポーツフェスティバル/16面、強化プログラム/4面
  23(祝)《軟協》市民スポーツ祭/12面、《軟中》強化大会/8面
  24(土)《軟中》ヨネックス杯団体/16面
  25(日)《軟中》ヨネックス杯個人/16面

【12月】
 1(土)強化プログラム/4面、TBMシングルス/亀崎8面、《軟中》ヨネックス杯/10面
 2(日)強化プログラム/4面
 8(土)小学生大会/亀崎8面、《テ県》SJTC選抜ジュニア/4面
   9(日)《テ県》SJTC選抜ジュニア/4面
  15(土)《軟中》強化大会/8面
16(日)遠州選抜ダブルス予選/16面

■2007年02月01日(木)  2007年遠州選抜ダブルス大会〜その2
一般男子は、大畑(法政大学)・松井(慶應義塾大学)組、諏訪辺(TAS)・片山(アイTC)組、後藤・垣内(イカイ沼津)組、朝倉・小林(豊橋TA)組、小島・大原(TAS)組、岸本・畑(東海学園大学)組、宮下(TAS)・杉本(千代TC)組、浜崎(浜松インドア)・森口(愛知大学)組、以上8ペアが招待選手。高体蓮から木村・竹中(浜松市立高)組、山崎・加藤(浜松工業高)組の2ペアが推薦チームとして出場していました。

注目のペアは、大畑・松井組。大畑選手は静岡県の国体選手で、春の関東学生ダブルスチャンピヲンです。また、パートナーの松井選手は、正月の静岡トーナメントの男子ダブルス優勝者ですので、レベルの高いテニスが期待できます。
地元から出場の、浜崎・森口組も注目されるペアです。浜崎選手は県西部ではシングルではピカ一の実績を持つプレーヤー。森口選手も、富山県の国体選手を務める実力者です。静岡トーナメントでは、県ダブルス準優勝のペアに勝ち、優勝ペアに敗れましたが、ベスト8に入っています。
県内のトップクラスのペアに、地元の高校生を含めた選手がどのような戦いを挑むのか、興味はそこに尽きます。


波乱は一回戦から。
第二シードと思っていた、浜崎・森口組が予選上がりの馬淵・柿澤(浜松ホトニクス)組に4−6と敗れてしまいました。結構レベルの高い一回戦、捨て身で挑んでくる相手とはやりにくいものですが、初戦敗退は意外な結果でした。

二回戦の注目カード、高校生の木村・竹中(浜市高)組は、序盤リードして善戦しましたが、小島・大原(TAS)組に4−6惜敗でした。
最初から最後まで一本調子では無く、相手の様子を見極めて、違うパターンでのポイント奪取を試みるなど、ダブルスとしての完成度上げていくことがこれからの課題でしょう。
まだまだ強くなれるペアです。がんばれ!!!

準決勝第一試合は大畑・松井8−4後藤・垣内。イカイペアのミスが惜しいところ(勝負何処)で出ました。順当な結果?

第二試合は、宮下・杉本9−7岸本・畑。序盤は岸本・畑の4−0と圧倒的リード。中盤以降も7−4までリードしましたが、結果的にそこから宮下・杉本が5ゲームを連取しての逆転勝ちでした。
挽回している経過も、決して優勢にゲームメイクしていたのではなく、相手のミスに助けられての『形勢逆転』でした。
この試合は、一度流れが変わるとそれをもう一度変えることが如何に困難かを教えてくれました。岸本・畑組のショットの威力と切れは、宮下・杉本組を常に上回っていました。しかし、ダブルスで勝敗を分けるのは、それだけではないのです。ポイントを分ける最後のショット、最後の一振りを、誰が何処へコントロール(あるいは、ミスショット)するのか、です。それまでの経過は、そのためのお膳立てに過ぎません。
だから、ダブルスは面白い。テニスは面白い。


決勝戦は、実力に優る(?)大畑・松井組が8−3と完勝でした。宮下・杉本組、準決勝で『力』をかなり消耗したのでしょうか?、あの『粘り強いテニス』が見られませんでした。


最後になりましたが、わずかな交通費で招待に応じていただいた選手の皆さん、熱き戦いを繰り広げていただいた地元選手の皆さん、その戦いを見守っていただいた多くの観戦者の皆さん、裏方の競技役員、審判員の皆さん、本当にありがとうございました。

今年も一年、良い年でありますように、がんばろうではありませんか!

次は、遠州クラブ対抗です。過去最高のエントリー数となっています。
2月4日(日)、花川コートは勝負の熱気に包まれます。請う、ご期待。


過去ログ 2005年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 05月 06月 08月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 11月 
2008年02月 03月 05月 06月 07月 
2009年07月 08月 10月 
2010年01月 02月 06月