CGI







理事長今日の一言

■2007年05月30日(水)  『部活の気持』 2007インターハイ予選観戦記
私を含め、学生時代の部活での思い出を「多目」に持っている大人は、少なくないと思います。今となっては、それらは甘酸っぱさや苦い味を伴い、懐かしく思い出されるのみですが・・・。


しかし、その真っ只中にいて、高校スポーツ最大のイベント、インターハイ(高校総体)を目指す高校生にとっては目の前の戦いが全て。感傷を胸に、そのコート上でのラリーやポイントのやり取りを観戦している大人の存在は目に入りません。それぞれの目標に向け、多くの時間と気持を費やし、トレーニングと準備を重ねてきた成果が試される貴重な機会です。
特に3年生にとってはラストチャンス。高校生活の総決算として最後のバトルに臨みます。終われば(敗れれば)、部活からの引退が待っています。気合が入らないわけがありません。


今年の戦いの中にも、様々な『ドラマ』がありました。
その一部を、『観戦記』としてレポートします


特に今年の3年生には私的(わたくしてき)に少し思い入れがあり、余計に熱心に観戦に時間を割きました。
彼らの中学生までの選手生活は特筆されるべきものが多く、東海レベルでは常にトップを競い、全国レベルでも目立つ成績を上げていました。
高校入学当時『スーパー1年生』と呼ばれ、そのポテンシャルは高く評価されていました。
彼らは、小栗・木村(浜松市立高)、山崎(浜松工業高)、内山・桜木(浜松北高)、海野(静岡高)の諸君です。→ずいぶんと独断と偏見に導かれているとお感じになるかと思いますが、私の情報量に限界があるためです、お許しいただきたいと思います。

女子についてはスパーエースの伊藤絵美子選手と木代縁選手(日大三島高)の存在が大きく、男子ほどの興味が持てませんでしたが、記憶に残る範囲で書いていきたいと思います。

■2007年05月23日(水)  県シングル選手権観戦記
5月3〜5日、例年の通り静岡県シングルス選手県大会が静岡で開催され、BBSでお知らせしましたとおり、一般男子で浜崎選手(浜松インドアTC)が優勝するなど浜松勢が活躍しました。その一部を(一般男女を中心に)レポートします。

この大会の一般の部は、JTAのカテゴリーBの公認大会で、優勝者は全日本選手権(オールジャパン)の予選に参加する資格が与えられます。
また、ベテランの部は今年からベテランJOPの対象大会として、オープン開催となり他県からの参加者を加えてエントリー数が増えています。


一般男子のベスト4は、浜崎選手、大畑裕選手(竜南TC)、井上選手(専修大学)、松村選手(イカイ)。
準々決勝では、井上選手は宮下選手(TAS)とのフルセットの接戦を制してのベスト4入りでした。

準決勝では「ジュニア時代から負けたことがない」と対戦に自信を持つ浜崎選手が第一シードの大畑選手をストレートで下して決勝戦へ進みました。もう一試合の専修大学の先輩(松村選手)後輩(井上選手)対決は、先輩が貫禄を示してストレート勝ちです。井上選手は、サービスを思うように入れられず、ゲームのリズムを自身のものに出来ませんでした。

決勝戦は、ファーストは松村選手のアップ、セカンドからは浜崎選手のペースとなり、ファイナルセットの中盤「痙攣がきかかった」というピンチも冷静に凌いで、県の初タイトルを獲得しました。


一般女子は、エントリー数が少なく、16ドローの戦いとなりました。
その中で二回戦の伊藤選手(日大三島高)と石田選手(浜松西高)のバトルが興味を引きました。高校としては大変レベルの高いラリー戦を展開するのですが、最後のワンショットはほとんど伊藤選手が支配して、スコアは61/61と差がつきました。しかし、ラリーの激しさは、他の対戦を圧倒していました。

ベスト4は全て高校生となりました。昨年の国体選手の深田選手(アオヤマスポーツ)は、進境の目立つ増田選手(静岡市立高)にストレートで敗れました。後で話を聞くと、グリップの握り(?)がしっくりいってなかったそうです。少し情けないかな!? 社会人選手、ガンバレ〜〜〜!!!

決勝戦は昨年の再現となって、伊藤選手が二連覇を達成しました。






■2007年05月23日(水)  都市対抗『浜松市チーム』メンバー決定
今年の大分で開催されます、全日本都市対抗テニス大会に挑む『浜松市チーム』のメンバーが決まりました。

【監督(選手兼任)】小杉貞夫(小杉TS)
【チームマネージャー】青山剛(アオヤマスポーツ)
【一般男子】浜崎雅士(浜松インドアTC)、井上敬介(専修大学)、大畑裕(竜南TC)
【一般男子】深田いず美(アオヤマスポーツ)、川合友梨亜(日本大学)
【ベテラン一部男子】高柳雅人・鈴木伸彦(マインドサン)
【ベテラン一部女子】原田泰子(マインドサン)、古橋千賀子(ニューウインブルドンTC)
【ベテラン二部男子】小杉貞夫(小杉TS)、大畑禎弘(竜南TC)

一般男子の3名は、県シングルス選手権でベスト4へ入ったメンバーです。特に優勝した浜崎選手には、シングルスでの活躍を期待しています。
一般女子の深田選手は、昨年の国体での活躍とJTAランキングでの順位が評価されました。川合選手は、関東学生選手権での戦績が認められての選出です。
ベテランは、選考会の結果とその他の戦績が認められて、決定されました。


今後の日程は、6月3日(日)豊田市で開催されます東海予選を通過するため、5月27日(日)花川コートで練習会を実施して最終調整をします。
予選を勝ち抜くことが出来れば、7月19日からの本大会に臨むこととなります。

皆さんからの、応援をお願いします。

過去ログ 2005年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 05月 06月 08月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 05月 06月 11月 
2008年02月 03月 05月 06月 07月 
2009年07月 08月 10月 
2010年01月 02月 06月